【エリザベス女王杯】美浦レポート~ホエールキャプチャ [News]
2014/11/12(水) 15:05
 16日(日)に京都競馬場で行われるエリザベス女王杯に出走を予定しているホエールキャプチャについて田中清隆調教師のコメントは以下の通り。

「前走の府中牝馬ステークスは外枠だったので蛯名騎手がポジションを取りに行って少し脚を使い、前々で競馬をする形となって後ろの馬の目標になったようでした。展開のアヤで負けたもので悲観はしていません。
 その後の回復はすこぶる良く、もう6歳ですがこの年齢なりに順調にきて状態は上がっています。ここ3戦では一番いい状態です。今朝の追い切りは芝コースで単走でやりました。馬場が良ければ坂路でやるつもりでしたが、雨が降っていたので芝の方が安全だと思ったのです。先週ビシッとやっているので、今朝は流す程度でしたが申し分ない動きでした。時計的にも良かったと思います。
 エリザベス女王杯は4度目になりますが、過去2回は道悪になり力が出せなかったので良馬場で走らせたいです。良ならやれると思っています。京都の外回りコースは4コーナーで外を回ると届かないので、道中脚をためて最後に間を割って出てくる競馬がこの馬にとって理想です。
 状態は良く、牝馬同士ならやれると思っています。3歳馬も力をつけているようですが、その若い馬たちに負けないように頑張ってもらいたいと思っています。」

(取材:小林雅巳)