【百日草特別】(東京)~ルージュバックがレコードでデビュー2連勝 [News]
2014/11/09(日) 15:17
東京9Rの百日草特別(2歳500万下、芝2000m)は2番人気ルージュバック(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒8(良)のレコード。2馬身1/2差2着に3番人気ベルーフ、さらに3/4馬身差で3着に1番人気ミュゼエイリアンが入った。

ルージュバックは美浦・大竹正博厩舎の2歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母ジンジャーパンチ(母の父Awesome Again)。通算成績は2戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ルージュバック(戸崎騎手)
「テンションが上がっていませんでしたし、速い時計にも対応してくれました。今後も楽しみです」

2着 ベルーフ(ブドー騎手)
「ポジションは思った通りでしたが、引っ掛かったり、内にササったりして位置を下げました。ベストは3番手でした。十分伸びていますし、長くいい脚を使えるスタミナもあります。自信はありましたが、仕方がありません」

3着 ミュゼエイリアン(黒岩陽一調教師)
「スタートはいつも通りでした。休み明けでも、少し速い時計でも、最後の200mはしっかり反応していました。現時点での走りはしてくれました。成長途上ではあるので、先々が楽しみです。負けても、まだ伸びしろはあると思います。必然的にいつも後方のポジションになりますが、それを無理に直そうとは思いません。勝った馬は強いですが、それに近い走りは出来ました」

5着 ニシノオタケビ(田辺騎手)
「ここまで使い詰めで頑張ってきたので、疲れがあったでしょうか。ひよってしまう面がありました。直線では来そうでしたが、長くいい脚が続きませんでした。距離は問題なさそうです」

7着 ギンザヴィクトリア(蛯名騎手)
「相手が強く、ペースも速い中、この馬なりに頑張っています。カッカと走ると余計なスタミナを使うでしょうし、テンションが下がってくれないと...と思います」