【メイクデビュー】(東京4R、5R、6R)~スモーダリング、シャインアロー、エクストラファインが勝利 [News]
2014/11/09(日) 14:54
東京4Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、ダート1300m)は1番人気スモーダリング(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒3(良)。2馬身1/2差2着に2番人気タイキオールブルー、さらに1馬身差で3着に10番人気ニシノバランスが入った。

スモーダリングは美浦・高柳瑞樹厩舎の2歳牝馬で、父パイロ、母アクアリスト(母の父Coronado's Quest)。

~レース後のコメント~
1着 スモーダリング(戸崎騎手)
「初戦からセンスのいい走りを見せてくれました。直線に向いても手応え十分で、追い出しを待つ余裕がありました。距離は延びても大丈夫でしょう。ダート向きだとは思いますが、今後が楽しみです」

2着 タイキオールブルー(内田博騎手)
「素直でセンスのいい馬です。最後も決して止まってはいません。今日は相手が悪かったです。すぐに順番が回ってくると思います」


東京5Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、芝1800m)は8番人気シャインアロー(P・ブドー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒0(良)。2馬身1/2差2着に1番人気レッドライジェル、さらに1馬身1/2差で3着に6番人気エジーサンドレが入った。

シャインアローは美浦・浅野洋一厩舎の2歳セン馬で、父サムライハート、母インフレッタ(母の父エンドスウィープ)。

~レース後のコメント~
1着 シャインアロー(ブドー騎手)
「こちらの指示通りに反応してくれて乗りやすかったです。ビュッという速い脚もあります。東京の芝1800mの外枠なので、気を使って前めに出しましたが、引っ掛かりませんでした。調教師が言っていた気性的な問題もありませんでしたし、うまく内に入れられた運もありました。新馬の時点で乗りやすいというのはすごくいいですね」

(浅野洋一郎調教師)
「元々、言うことの聞かない馬で、これでは競走馬になれないと思い、今年の夏に去勢しました。そのおかげで素直になりました。しかし、思ったより素直でビックリしました。スタートしてすぐハミを取りましたが、その後は折り合いがつきました。前に馬を置けば問題ないですね」

2着 レッドライジェル(北村宏騎手)
「ドーンという反応はありませんが、まっすぐ走っていました。ある意味ではコントロールが利きます。さらに使って反応は変わってくるでしょう。残念でしたが、次も期待したいです」

3着 エジーサンドレ(三浦騎手)
「調教では引っ掛かって行くくらいでしたが、競馬では落ち着いていました。追ってからもしっかりしていましたし、馬群の間も割って来られました。収穫はあります」

4着 ヤギリヴィーナス(松岡騎手)
「返し馬の感じが良く、来るなと思いました。最後までしぶとく、馬込みも大丈夫でした。さらに経験を積んでくれればと思います。距離は長い方がいいでしょう」

5着 エフティベス(蛯名騎手)
「追いづらくて大変でした。まっすぐ追えていればもう少し上の着順に来られたかもしれません」


東京6Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、牝馬限定、芝1400m)は5番人気エクストラファイン(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒4(良)。1/2馬身差2着に2番人気シェーネフラウ、さらに3/4馬身差で3着に4番人気キタノマドンナが入った。

エクストラファインは美浦・矢野英一厩舎の2歳牝馬で、父シンボリクリスエス、母ダノンスペシャル(母の父スペシャルウィーク)。

~レース後のコメント~
1着 エクストラファイン(蛯名騎手)
「スタートが速く、ペースも速くなかったので、いいところで流れに乗れたのが大きいです。新馬向きの気性で、前向きすぎるくらいのところがあるので、これからはそういうところが出なければいいですね」

2着 シェーネフラウ(松岡騎手)
「この馬のお母さんもそういうタイプでしたが、タメるより行かせた方がいいようです。1400mくらいでスピードを生かす競馬が合いそうですし、すぐチャンスだと思います」

3着 キタノマドンナ(北村宏騎手)
「外枠でしたが、2列目でうまく流れに乗れました。いい反応を見せてくれましたし、よく伸びています」