【メイクデビュー】(京都4R、5R)~コルボノワール、シャイニングレイが勝利 [News]
2014/11/09(日) 14:53
京都4Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、牝馬限定、芝1600m)は6番人気コルボノワール(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒7(良)。3/4馬身差2着に2番人気ワーキングプライド、さらに3/4馬身差で3着に1番人気タッチングスピーチが入った。

コルボノワールは栗東・小崎憲厩舎の2歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母エールドクラージュ(母の父シンボリクリスエス)。

~レース後のコメント~
1着 コルボノワール(四位騎手)
「ゲートは出なかったのですが、3コーナーあたりからはいい感じで行けました。1番人気の馬(タッチングスピーチ)の後ろから行きましたが、かなり後ろだったので自分から動いて行きました。調教ではまだ頼りなさもありましたが、実戦に行って頑張ってくれました」

3着 タッチングスピーチ(福永騎手)
「もっと距離があった方がいいですね。1600mでは出して行っても後方になってしまいました。ただ、それでも直線はよく伸びていますし、まだ体を使い切れていない状態ですから、この先もっと走ってきてくれるでしょう」


京都5Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、芝2000m)は2番人気シャイニングレイ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒1(良)。3馬身1/2差2着に1番人気クロイツェル、さらにクビ差で3着に5番人気アドマイヤスカイが入った。

シャイニングレイは栗東・高野友和厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母シェルズレイ(母の父クロフネ)。

~レース後のコメント~
1着 シャイニングレイ(川田騎手)
「前に行くつもりはありませんでしたが、他馬が行かなかったので前へ。物見をしていたものの並んでからは落ち着いて、直線でも手を少し動かしただけで勝つことが出来ました。いい内容のレースでしたし、これから楽しみな馬です」

2着 クロイツェル(ルメール騎手)
「物見をしていたようにまだレースに集中出来ていません。それでも長く脚を使いました。今後、楽しみな馬です」

3着 アドマイヤスカイ(藤岡康騎手)
「ゲート内でソワソワした感じで遅れましたが、その後はある程度の位置を取れましたし、力むことなく折り合っていました。上位の馬が楽な感じだったので届きませんでしたが、この馬もいい脚を使っています」

5着 ブロードキャスト(福永騎手)
「スタートが遅く、後ろからどのくらいの脚を使うのか楽しみにしていましたが、まだ脚を使い切れていません。上位の馬とは現時点での完成度の差でしょう。素直だし、素質のある馬です」

6着 ダンツカペラ(和田騎手)
「上手に折り合ってレースが出来ました。ただ、今日のような上がりの勝負になると分が悪いですね」