【ファンタジーS】(京都)~シンガリ人気のクールホタルビが3番手から抜け出す [News]
2014/11/08(土) 17:25
京都11Rのファンタジーステークス(2歳GIII・牝馬・芝1400m)は、14番人気クールホタルビ(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒7。半馬身差の2着に1番人気ダノングラシアスが、クビ差の3着に3番人気ウインソワレがそれぞれ入線。

クールホタルビは栗東・清水久詞厩舎の2歳牝馬で、父マツリダゴッホ、母プラセール(母の父ヘクタープロテクター)。通算成績は5戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 クールホタルビ 小牧太騎手
「この馬のお母さんは園田で走っていたので、ずっと重賞を勝たせてあげたいと思っていました。返し馬でもいつものようにテンションは高かったのですが、レースに行くと『あれっ』と思うくらい折り合いがつきました。折り合いがついたことが勝利につながったと思います。距離は乗り方次第でこなせると思いますし、この先もがんばりたいですね」

2着 ダノングラシアス 岩田康誠騎手
「今後のことも考えてじっくりレースを進めました。もう一列前のポジションをとれていたら届いたかもしれませんが、つかまえ切れませんでした。走る馬ですし、距離が延びてもいいと思います」

3着 ウインソワレ C.ルメール騎手
「ゲートの中でチャカチャカしていてタイミングが合いませんでしたが、スピードがある馬でうまく流れに乗って行けました。直線もよく伸びています」

4着 エフェクト 国分優作騎手
「道中で少し力んでいましたが、最後はいい伸びでした。強い馬を相手にいいレースをしています」

5着 ムーンエクスプレス 松山弘平騎手
「いい位置で流れに乗ってレースができました。あまり大きな馬ではないので、直線ではフラフラした感じになりましたが、レース自体は上手ですし、これから楽しみです」

6着 レオパルディナ 武豊騎手
「折り合いはついていましたが、思った以上に追ってからの反応が鈍かったです。馬はよくなっていましたが......。距離は1400mなら問題ないと思います」

7着 タガノヴェルリー 武幸四郎騎手
「これまででいちばんいい感じでした。しっかり調教を積んで体も減っていなかったですし、いいレースをしています。枠順に左右されがちな今の京都コースで差のないレースができましたし、上位の馬との差はほとんどないと思います」

8着 ペルフィカ 秋山真一郎騎手
「ゲートでガチャガチャしたり、レース前に落ち着きがありませんでした。2回目の競馬でしたが、今日はレース前に燃えすぎでした」