【京王杯2歳S】(東京)~関西馬セカンドテーブルが逃げ切る [News]
2014/11/08(土) 17:15
東京11Rの京王杯2歳ステークス(2歳GII・芝1400m)は、11番人気セカンドテーブル(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒5。1馬身半差の2着に4番人気サフィロスが、半馬身差の3着に1番人気ニシノラッシュがそれぞれ入線。

セカンドテーブルは栗東・崎山博樹厩舎の2歳牡馬で、父トワイニング、母モカサンデー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は3戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 セカンドテーブル 戸崎圭太騎手
「返し馬に行って、いいフットワークをしていました。リズムを崩さずに行こうと思いましたし、うまく逃げ切れたなと思います。スタートだけに気をつけて、出れば前に行こうと思っていました。スタートの速い馬はいましたが、こちらも二の脚が速かったですし、道中の手応えも抜群によかったです。遊びながら走っていましたが、追うごとに反応があって、やれるかなと思いました。初めてのコースを克服するのは能力の証です。次も楽しみです。初めて乗せてもらいましたが、奥が深く、なかなかいいモノを持っていると感じました」

崎山博樹調教師のコメント
「4コーナーで、ジョッキーが後ろを見て外に出すので、そんなに手応えがあるのかと思いましたが、押し切ってくれました。具合はよかったです。追い切りを重ねて体の方もよくなっていました」

2着 サフィロス 三浦皇成騎手
「折り合いがついて、スムーズに行けました。自分から競馬を作っていくタイプではありませんが、馬は落ち着いて、強くなっています。1400mまで我慢してくれました。能力はあるので、気性的にも成長してくれればと思います」

3着 ニシノラッシュ 田村康仁調教師
「レースの傾向として後ろから差されることが多いので、それを頭に入れておいて欲しいと騎手に頼んでいましたが、想定よりも流れが緩くなりました。それでも差せると思ったのですが......」

4着 オープンザウェイ 勝浦正樹騎手
「叩き2戦目で落ち着いてきて、あらゆる面で上積みしかないくらいでした。今日は流れが向きませんでしたが、この先の可能性を感じました。この走りなら1600mでもいけそうです」

6着 アクティブミノル 松田大作騎手
「伸びると思ったのですが......。馬は落ち着いていて、すごくよかったです。これまでハナに行く競馬しかしていなかったので、それでは今後に向けてしんどいと思い、あのような競馬を覚えさせたいと思っていました。人馬ともに勉強ですね......」

8着 マイネルグルマン 柴田大知騎手
「前の馬が内と外を見てフラフラしている間に位置を下げてしまいました。まだ体が緩いので、これからよくなりそうです」

10着 ゴールドペガサス 蛯名正義騎手
「馬群が密集してきたところでかかってしまいました。気を遣って走っているような感じでした」