【メイクデビュー】(東京5~6R)~ダッシングブレイズ、レレマーマが勝利 [News]
2014/11/08(土) 16:48
東京5Rのメイクデビュー東京(芝1600m)は、1番人気ダッシングブレイズ(P.ブドー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒3。3馬身半差の2着に2番人気ゴールデンバローズが、クビ差の3着に4番人気ブレイクザポケットがそれぞれ入線。

ダッシングブレイズは栗東・吉村圭司厩舎の2歳牡馬で、父Kitten's Joy、母Blazing Bliss(母の父Honour and Glory)。

レース後のコメント
1着 ダッシングブレイズ P.ブドー騎手
「ノーステッキで行けました。能力は高いと思います。馬の後ろに入れられて、引っかかることなく運べました。乗りやすい馬ですし、今日は8割ぐらいしか力を出していません。次も楽しみです。しかし、今後ステッキを入れたときにどんな反応を示すでしょうか。距離は1800mぐらいまでは大丈夫ですが、できればマイルの方がいいでしょう」

2着 ゴールデンバローズ R.ムーア騎手
「スタートが速く、ペースも遅すぎたので結果的に前に行きました。直線でもジワジワ伸びてくれて、2着は確保できました。今日は芝でしたが、1600mのダートの方がいいかもしれません」

3着 ブレイクザポケット 三浦皇成騎手
「初戦の課題は折り合いでしたが、それもクリアしてくれました。追ってからもしっかりしていましたし、使ってよくなると思います」

4着 メローハーモニー 戸崎圭太騎手
「問題なく、しっかりと走ってくれました。終いのフットワークもよく、最後も伸びてきています。いいレースだったと思います」

5着 コスモキーマン 柴田大知騎手
「いいモノを持っているし、素直な馬です。抑えることもできるし、行かせたら反応してくれます。スタートはもうひとつでしたが、その後はスムーズでした。上手な競馬をしてくれましたし、初戦としてはいい内容だったと思います。先々が楽しみです」

6着 ショウナンアイ 吉田豊騎手
「初めてだったので、道中はフワフワしていました。攻め馬のときはガツガツした感じだったのですが......。まだ競馬がわかっていない感じだったので、使っていけば変わるでしょう」


東京6Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は、3番人気レレマーマ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒8。7馬身差の2着に1番人気ニーマルキングが、アタマ差の3着に2番人気バーンイットアウトがそれぞれ入線。

レレマーマは美浦・国枝栄厩舎の2歳牡馬で、父カネヒキリ、母ウィキウィキ(母の父フレンチデピュティ)。

レース後のコメント
1着 レレマーマ 蛯名正義騎手
「気がよすぎるというか気持ちが前向きすぎます。3番手でもいいと思っていましたが、2番手まで行ってしまいました。もう少し内に秘めた気持ちを自分で抑えられるようになるともっといいと思います。ダートに関してはご覧の通り、相当な能力がありますが、兄姉は芝でも走っているので芝でもやれる可能性はあると思います」

3着 バーンイットアウト P.ブドー騎手
「ずっと追い通しでした。スタートしてもダッシュがつかず、下がっていく感じでしたが、最後まで追い込んだように長くいい脚を使うタイプです。今日は距離が合わなかったのでしょう。1800mなど距離が延びた方がいいと思います」