【アルゼンチン共和国杯】美浦レポート~スーパームーン [News]
2014/11/05(水) 15:47
 9日(日)東京競馬場で行われる第52回アルゼンチン共和国杯(GII)に登録をしているスーパームーン(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)について、追い切り後の藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

(前走のアイルランドトロフィー3着を振り返って)
「流れが向かなかったですし、勝った馬もとても強かったです。2000mで速い馬場ですから、仕方がないかなと思います。本来はもっと後方というか、ゆったり流れた方が良い馬ですからね...。」

(その後の調整について)
「夏に2度使わせてもらって、秋に1度使いました。使い込んでいますから、そんなに強い調教はしていませんが、元気良く来ていますよ。」

(追い切りについて)
「先週、今週と坂路でした。坂路は今あまり時計が出ていませんが、それほど稽古で走る馬ではない彼なりに順調に来ていると思います。(今週は)条件馬と一緒に併せました。条件馬の方が手応えが良くて、あまり真面目に走っていなかったです。稽古はこんな感じで、競馬に行ってからは頑張ってくれるので、いつも通りかなと思っています。」

(今回のレースについて)
「東京の2400mは1度走っていますが、東京の長いところはおそらく向いていると思うので、期待しています。東京で今まで走ったのは条件戦でしたが、よく走ってくれています。相手も強いですが、頑張ってもらいたいです。(ハンデ55キロは)よく見てくれていると思います。前走はうまくいきませんでしたが、今回はまた一生懸命走ってくれると思うので、応援して下さい。」

(取材:米田元気)