【メイクデビュー】(東京5R)~ウェルブレッドが勝利、ウオッカの娘ケースバイケースは4着 [News]
2014/11/02(日) 14:32
東京5Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、芝2000m)は3番人気ウェルブレッド(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分05秒8(良)。1/2馬身差2着に6番人気シップーコウライ、さらにクビ差で3着に1番人気ブライトバローズが入った。

ウェルブレッドは美浦・加藤征弘厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母アドアード(母の父Galileo)。

~レース後のコメント~
1着 ウェルブレッド(ルメール騎手)
「ゲートを怖がるところがあって、スタートが遅くなりました。向正面でペースがスローだと判断したので動きました。パワーが切れるかと思いましたが、最後まで長くいい脚を使ってくれました。今後も楽しみですし、距離は2000mくらいが合っていると思います」

(加藤征弘調教師)
「ジョッキーのペース判断がすべてです。そのアドバンテージが大きかったです。調教でも並ばれたりすると勝負根性を見せていましたし、ルメール騎手も気持ちの強い馬だと話していました。今日はその通りの競馬になりました。ずっと厩舎で調整していたので、今後は少し楽をさせたいと思います」

2着 シップーコウライ(武豊騎手)
「まだ体が出来ていません。これから出来てくれば十分です。素質はあると思います」

3着 ブライトバローズ(福永騎手)
「内を回って来ようと思いましたが...。仕方がありません。最後は伸びています。まだまだこれからの馬です」

4着 ケースバイケース(戸崎騎手)
「多少緩いところがあり、トビもゆったりしています。しかし、背中の感じはいいですから、芯が出来てくればさらに良くなるでしょう。センスもあります」

6着 エドノジョンソン(岩田騎手)
「怖がるなど幼い面があります。これから覚えていってくれればと思います」

7着 クラウンジーニアス(江田照騎手)
「ゲートを出たらビックリして、気合をつけると怒ってハミを噛んでいました。道中のコントロールが出来て走れるようになればいいですね。次は変わってくるでしょう」