【2歳500万下】(京都6R)~ユキノカトレアが勝利 [News]
2014/11/02(日) 14:30
京都6Rの2歳500万下(芝1400m)は1番人気ユキノカトレア(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒2(良)。クビ差2着に6番人気オメガタックスマン、さらに1馬身1/4差で3着に2番人気グレイトチャーターが入った。

ユキノカトレアは栗東・坂口正則厩舎の2歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母ユキノチャンプ(母の父タバスコキャット)。通算成績は3戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ユキノカトレア(太宰騎手)
「スタートはここ2走、あまり良くありませんでしたからね。もう少し行きたがるかと思いましたが、下が緩いせいか、後ろからになりました。それでも最後はいい伸びでした。先々が楽しみです」

2着 オメガタックスマン(和田騎手)
「いいポジションにつけてのレースでしたが、追ってから脚が上がる分、首の上げ下げの差が出ますね。でも、ためれば終いは確実です」

3着 グレイトチャーター(藤岡康騎手)
「3コーナーまで力んで、そこからハミが抜けた後、エンジンが掛かるのに手間取りました。外に逃げ気味なところがあるように気性が若いです。でも素質は高いです」

4着 ノーブルルージュ(幸騎手)
「ゲートがいいので積極的に行きましたが、2番手の馬につつかれ、力み気味でした。そのあたり、うまくハミが抜ければもっと走りそうですね」