【メイクデビュー】(東京4R、5R)~ラブミーテンダー、ダイワミランダが勝利 [News]
2014/11/01(土) 15:23
東京4Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、ダート1400m)は1番人気ラブミーテンダー(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒5(良)。1馬身3/4差2着に3番人気マハロマナ、さらにクビ差で3着に4番人気アキトフォルテが入った。

ラブミーテンダーは栗東・高野友和厩舎の2歳牝馬で、父ゼンノロブロイ、母フォーチュンワード(母の父デヒア)。

~レース後のコメント~
1着 ラブミーテンダー(岩田騎手)
「ゲートの出は速いと聞いていましたが、あそこまで速いとは思いませんでした。道中もエキサイトしませんし、利口な馬です。直線ではフワフワしながらも楽に走っていました。伸びしろもあると思います」

(高野友和調教師)
「スタートがすごく良かったですね。センスだと思います。ゲート試験では悪くなった時もあったのですが、それを経て良くなりました。気持ちの面でも真面目で、度胸もありますし、性格は言うことがありません。調教の段階から能力はあると思いましたし、物見さえしなければ大丈夫だと思っていました。ダートで走るのは間違いないのですが、今後に関しては、芝も視野に入れて、オーナーと相談して決めたいと思います」

2着 マハロマナ(戸崎騎手)
「スタートで他の馬が速かったので、内に入って行く形になりました。砂を被っても大丈夫ですが、精神的にまだ若いところを見せています」

3着 アキトフォルテ(ルメール騎手)
「ゲートに驚いてしまい、スタートが遅れてしまいました。しかし、スピードがあるのですぐに流れに乗れました。コントロールが利いて、癖もありません。乗りやすい馬です。次はチャンスがあるでしょう。パワフルな走りでダートは合います」

5着 サンタナブルー(柴田大騎手)
「調教では気難しい面を見せていましたが、競馬ではそれを見せずに走ってくれました。次は変わってきそうです」

7着 トーセンリバティ(田辺騎手)
「まだ若い部分があります。ガラッと一変はどうかと思いますが、経験を積んで変わってくれればと思います」


東京5Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、芝1600m)は2番人気ダイワミランダ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒9(良)。2馬身1/2差2着に4番人気ボンボンキャスト、さらにクビ差で3着に5番人気パーフェクトビューが入った。

ダイワミランダは美浦・国枝栄厩舎の2歳牝馬で、父ハービンジャー、母ダイワスカーレット(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 ダイワミランダ(蛯名騎手)
「(フレグモーネで取消など)色々ありましたが、ようやくデビューして、勝ててホッとしました。今はそれが一番です」

2着 ボンボンキャスト(北村宏騎手)
「二の脚が利いて、馬群のポケットに入り、いい位置で運べました。相手は強かったですが、この馬も伸びていて、よく走っています。今日は言うことがありません」

3着 パーフェクトビュー(田辺騎手)
「気のいい馬です。ゲートの出はひと息でした。調教師からは、カッとしやすいと言われていたので、前の方に出すよりは馬の後ろで運ぼうと思っていました。いいモノを持っていますし、気持ちの面でドンと構えられれば、ポンポンと勝ち上がっていくのではないでしょうか」

4着 ロックキャンディ(吉田豊騎手)
「体が使い切れていません。手先だけで走っている感じです。いざ追い出すとハミを取って行きません。それでも、折り合いはつきますし、いいと思います。距離は延びても大丈夫でしょう」

5着 フォルサ(柴田善騎手)
「少し体に余裕があります。それでも終いはしっかりと伸びてくれました。使ってさらに良くなるでしょう」

6着 シャンタルエット(幸騎手)
「スタートはもう一つでしたが、終いは伸びています。しかし、前の馬も伸びているので、4コーナーまでのポジションの差が出たと思います。良くなってくるでしょうし、距離も持ちそうです」

7着 アルーリングトーン(ルメール騎手)
「スタートが良く、いい位置につけられました。しかし、直線に向いて、追い出してからの反応がイマイチでした」