【メイクデビュー】(京都4R、5R)~アドマイヤスター、ベルウッドクラルテが勝利 [News]
2014/11/01(土) 14:55
京都4Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、ダート1800m)は2番人気アドマイヤスター(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒9(良)。クビ差2着に1番人気クルーガー、さらに7馬身差で3着に8番人気モーグリが入った。

アドマイヤスターは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母アドマイヤマリン(母の父クロフネ)。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤスター(福永騎手)
「調教で耳を絞るようなところがありましたので、そういう面を出さないようじっくり行かせました。まだ真面目に走らず、それでここまで走るのですから能力は高い馬です。ペースが緩かったので外を回ってきましたが、直線でも遊び遊びという感じ。これから芝を含めて適性を見ていきたい馬です」

2着 クルーガー(ブドー騎手)
「まだまだ馬が子供で、道中は遊びながら走っていました。直線では伸びる脚を見せましたが、まだ遊んでいる感じでした。それでも最後は差し返したように力のある馬です。今日は勝たせることが出来ず残念です」


京都5Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、芝1600m)は11番人気ベルウッドクラルテ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒7(良)。アタマ差2着に4番人気レインボーソング、さらにハナ差で3着に2番人気トウカイクローネが入った。

ベルウッドクラルテは栗東・坂口正則厩舎の2歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母エフィシェントフロンティア(母の父Mt. Livermore)。

~レース後のコメント~
1着 ベルウッドクラルテ(松山騎手)
「センスのいい馬です。スタートも良く、楽にいい位置につけることが出来、ゆったりとしたペースの中、うまく流れに乗ってレースを運ぶことが出来ました。瞬発力勝負のレースにもしっかり反応して対応してくれました」

2着 レインボーソング(藤岡佑騎手)
「行く馬もいなかったのでハナを切る形になりました。最後も集中していい脚を使っています。すぐにチャンスはありそうですね」

3着 トウカイクローネ(川田騎手)
「スローペースの中、大外からいい感じでレースが出来ました。追い出しもじっくり待って、いい脚を使っています。これでテンションが上がってこなければいいですね」

4着 ザイディックメア(ブドー騎手)
「3コーナーまで子供っぽい面を見せていましたが、その後は慣れたのか、落ち着いて、直線いい脚を使ってくれました」

5着 レッドベルダ(福永騎手)
「ゲートもいいし、切れる脚も使えます。4コーナーまではいいリズムで行けましたが、直線の狙っていた内のポジションに前の馬が寄ってきて控える形になってしまいました」