【大山崎特別】(京都)~ロードヴォルケーノがクビ差しのぐ [News]
2014/10/26(日) 17:16
京都12Rの大山崎特別(3歳以上1000万下・ダート1400m)は、4番人気ロードヴォルケーノ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒2。クビ差の2着に1番人気ピンポンが、3/4馬身差の3着に3番人気フミノファルコンがそれぞれ入線。

ロードヴォルケーノは栗東・笹田和秀厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ジャズキャット(母の父Storm Cat)。通算成績は9戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ロードヴォルケーノ 岩田康誠騎手
「内枠だったので経済コースを通れましたし、抜け出してからの反応もよかったです」

2着 ピンポン 池添謙一騎手
「クラス上位の力はありますね。いい馬ですよ。あともうひと伸びでしたね」

3着 フミノファルコン 福永祐一騎手
「バッチリでしたが、久々の分がありました。力は上位ですし、次はチャンスだと思います」

5着 サトノデプロマット 和田竜二騎手
「外枠で、出して行くと速くなってしまいますし、最後は止まってしまいました。息を入れることを覚えれば通用すると思います」