【ブラジルC】(東京)~マイネルバイカが早め先頭から押し切る [News]
2014/10/26(日) 16:30
東京11Rのブラジルカップ(3歳以上オープン・ダート2100m)は、9番人気マイネルバイカ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒0。1馬身1/4差の2着に2番人気ランウェイワルツが、1馬身半差の3着に1番人気ヴォーグトルネードがそれぞれ入線。

マイネルバイカは栗東・白井寿昭厩舎の5歳牡馬で、父ロージズインメイ、母スギノセンヒメ(母の父フォーティナイナー)。通算成績は24戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 マイネルバイカ 北村宏司騎手
「ゲートをうまく出てくれました。遅い流れの中、いい位置で競馬ができてよかったです。終いもよく脚を使って伸びてくれました」

3着 ヴォーグトルネード 戸崎圭太騎手
「遅いペースにしてやられたという感じです。もっと早めに動いてもよかったかもしれません」

4着 マルカプレジオ F.ベリー騎手
「スタートからペースがスッと流れてくれればよかったです。途中でゆったりとした流れになり、力んでしまいました。その分、最後は伸びが甘くなりました。進路が開かなかったことも影響しました」

5着 クリノヒマラヤオー 松岡正海騎手
「がんばっています。もっと内めの枠だったら際どい勝負になっていたかもしれません。距離はもっと長くても大丈夫でしょう」

7着 マスクトヒーロー 大野拓弥騎手
「休み明けですし、一回使えば変わってくると思います。このまま順調にいって欲しいです」

10着 ノースショアビーチ 村田一誠騎手
「ペースを落とすつもりはなかったのですが、馬が進んでいきませんでした。馬自体はよくなっています」