【甲斐路S】(東京)~ヒュウマが逃げ切る [News]
2014/10/26(日) 16:24
東京10Rの甲斐路ステークス(3歳以上1600万下・芝1800m)は、6番人気ヒュウマ(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒4。ハナ差の2着に4番人気セキショウが、3/4馬身差の3着に1番人気ファントムライトがそれぞれ入線。

ヒュウマは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牡馬で、父Any Given Saturday、母Moravia(母の父A.P. Indy)。通算成績は23戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 ヒュウマ 石橋脩騎手
「いいスタートを切って、自分のペースで行けました。持ち味を馬自身が発揮してくれました。馬に感謝しています」

2着 セキショウ 大野拓弥騎手
「折り合って運べました。ブリンカーをつけてから集中して走れるようになり、よくなってきています」

3着 ファントムライト 戸崎圭太騎手
「前残りになった分ですね......。折り合いもつきましたし、最後も伸びているように力はあります」

4着 ミエノワンダー 松岡正海騎手
「スローペースが向きませんでした。この馬も強いレースをしています。平均ペースならもっと走れると思います」

5着 トーセンアルニカ 田辺裕信騎手
「休み明けで息遣いが苦しくなっていました」