【くるみ賞】(東京)~ニシノラッシュが人気に応える [News]
2014/10/26(日) 15:59
東京9Rのくるみ賞(2歳500万下・芝1400m)は、1番人気ニシノラッシュ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒7。ハナ差の2着に7番人気アンブリカルが、3/4馬身差の3着に6番人気アポロノシンザンがそれぞれ入線。

ニシノラッシュは美浦・田村康仁厩舎の2歳牡馬で、父サクラバクシンオー、母キャッスルブラウン(母の父Silver Hawk)。通算成績は3戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ニシノラッシュ 田辺裕信騎手
「勝つだろうとは思っていました。しかし、楽かと思いきや、最後はもがいていました。シュッという脚を使える馬だと思ったのですが......。今がいいというよりは、さらによくなる余地があるのだと思います。センスもいいですし、スタートも速いです。距離は血統的に1400~1600mぐらいなら問題ないでしょう」

2着 アンブリカル 三浦皇成騎手
「前回は前に行ってよくなかったので、今回は差す競馬をしようと思っていました。こういう形の方が合うと思います。まだテンションの高いところがあります」

4着 ロンバルディア 田中勝春騎手
「出負けしてしまいました。もっと前の位置で競馬ができればよかったです」

5着 ダイワエキスパート 北村宏司騎手
「二の脚で少し遅れてしまいました。直線ではよく坂を駆け上がって伸びています。それでも出脚はつくようになっていますし、悪くないと思います」

6着 デュアルメジャー 柴山雄一騎手
「ハミを噛むと思って、大事に乗りました。しかし、直線では瞬発力が出ませんでした」

7着 カゼノトビラ 松岡正海騎手
「最後はだんだん狭いところに入ってしまいました。しかし、背中の感じがいいですし、さらによくなるのではないでしょうか」