【なでしこ賞】(京都)~ワンダフルラスターが叩き合いを制す [News]
2014/10/26(日) 15:50
京都8Rのなでしこ賞(2歳500万下・ダート1400m)は、1番人気ワンダフルラスター(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒2。クビ差の2着に2番人気ブルドッグボスが、3馬身半差の3着に3番人気フォンタネットポーがそれぞれ入線。

ワンダフルラスターは栗東・音無秀孝厩舎の2歳牡馬で、父Tiz Wonderful、母Greer Lynn(母の父Speightstown)。通算成績は3戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ワンダフルラスター 浜中俊騎手
「2着馬に迫られましたが、しぶとく最後まで伸びてくれました。まだイレ込んだりと課題はありますが、今後成長すればよくなっていくと思います。まだ素質だけで走っている感じです。2勝目を挙げられてよかったです」

2着 ブルドッグボス 幸英明騎手
「放馬の影響はなかったと思います。道中で力んで走るところがあったので、その分の差が出ました。決して力負けではないと思っています」

3着 フォンタネットポー 福永祐一騎手
「内枠の分、前2頭の後ろを走る形になりましたが、砂を被っても怯まずにしっかり走っていました。上位2頭とは差がつきましたが、現状での完成度の差ということでしょう。この経験が今後生きてくればいいと思います」

4着 ボクノナオミ 蛯名正義騎手
「初めての距離ということで中団からレースをしました。競馬が上手な馬ですし、最後もしっかり伸びました。短い距離ならかなりやれる馬だと思います」