【観月橋S】(京都)~アスカノロマンが直線突き抜ける [News]
2014/10/25(土) 16:00
京都10Rの観月橋ステークス(3歳上1600万下、ダート1800m)は4番人気アスカノロマン(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒0(良)。2馬身1/2差2着に1番人気ドコフクカゼ、さらに3馬身1/2差で3着に5番人気ミッキースマホが入った。

アスカノロマンは栗東・川村禎彦厩舎の3歳牡馬で、父アグネスデジタル、母アスカノヒミコ(母の父タバスコキャット)。通算成績は11戦4勝となった。

~レース後のコメント~
1着 アスカノロマン(太宰騎手)
「グレイスフルリープを見ながら競馬をしましたが、手応えはずっと楽でしたし、強かったですね。休ませて、馬に落ち着きがあっていい感じでした」

2着 ドコフクカゼ(竹之下騎手)
「前に有力馬がいましたから、早めに動ける位置につけました。4コーナーから勝負に行って、この馬も強い競馬をしていますが、勝った馬はもっと楽にスムースな競馬をしていました。もう何とかしたいですね」

3着 ミッキースマホ(岩田騎手)
「ゴチャついてしまいましたが、力のあるところを見せてくれました。確実に走ってくれる馬です」

4着 グレイスフルリープ(幸騎手)
「自分の形で競馬は出来ましたが、勝った馬に楽に来られ、集中力が切れてしまいました。それでも頑張っていますし、初めて乗りましたが、すごくいい馬です」

7着 ベルサリエーレ(浜中騎手)
「スムースに流れに乗れましたが、ペースが上がったところでついて行けませんでした。上位馬が強かったです」