【メイクデビュー】(京都4R、5R)~ダイワプロパー、フミノムーンが勝利 [News]
2014/10/25(土) 15:09
京都4Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、牝馬限定、芝1400m)は2番人気ダイワプロパー(川須栄彦騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒6(良)。1馬身3/4差2着に7番人気ホープフルデイズ、さらに3/4馬身差で3着に3番人気カゼノカオリが入った。

ダイワプロパーは栗東・松田国英厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母ダイワエンジェル(母の父タイキシャトル)。

~レース後のコメント~
1着 ダイワプロパー(川須騎手)
「調教では気の強さを出していましたが、レースでは落ち着いてリズム良く走ってくれました。乗りやすく、追っての反応も良く、距離が延びても大丈夫でしょう。次のレースで課題があるとすればテンションが高くなることでしょうか」

6着 オメガハートソング(岩田騎手)
「スタートで頭を上げてしまって、その後もハミを噛まずに後ろの位置になってしまいました。能力はある馬ですから、レースに慣れてくれればと思います」


京都5Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、芝1600m)は9番人気フミノムーン(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒9(良)。1馬身1/4差2着に1番人気ストーンウェア、さらに1馬身1/4差で3着に2番人気シャイニングスターが入った。

フミノムーンは栗東・西浦勝一厩舎の2歳牡馬で、父アドマイヤムーン、母フミノシンデレラ(母の父サンダーガルチ)。

~レース後のコメント~
1着 フミノムーン(幸騎手)
「センスのいい馬です。調教では馬場が悪くて少しモタつきましたが、反応は良かったので楽しみにしていました。今日もいい反応を見せてくれました」

2着 ストーンウェア(北村友騎手)
「終始フワフワしていて、なかなかエンジンが掛かりませんでした。掛かってからはいい脚でしたし、次はレース慣れを見込めると思いますから、上手にレースをしてくれるでしょう」

3着 シャイニングスター(川田騎手)
「穏やかな馬で、レースに前向きという感じではなく、追っつけての追走でした。ゴール前では動き出していましたし、これから変わってくれればと思います」