10月23日(木)「サッポロクラシックC(門別)の初代チャンピオンはコールサインゼロ」ほか [全国競馬情報]
2014/10/23(木) 18:40

●●重賞レースの結果●●

<21日(火)>

・門別競馬場(天候・曇 馬場状態・重)で今年から重賞に格上げされたサッポロビール協賛の第1回サッポロクラシックカップ(第11競走・2歳オープン・H2・ダート1200m・1着賞金300万円)は9頭によって行われた。

 2番人気となったコールサインゼロが、3番人気のチェリーサマーにアタマ差をつけて優勝した。 勝ちタイムは1分13秒7。勝利騎手は北海道の石川倭。3着はアタマ差で6番人気のアオジャシン。1番人気となったサプライズソングは4着。

 コールサインゼロは、父カネヒキリ、母キタサンエージャン(母父カコイーシーズ)という血統の牡2歳黒鹿毛馬。北海道の原孝明厩舎所属。5月に門別でデビューして、9月のイノセントカップに続いて重賞2勝目。通算成績は9戦3勝(中央競馬は未出走)となった。

 

 石川 倭騎手優勝コメント

「スタート直後は3番手辺りで進めようと思いましたが、立ち後れて後方からとなってしまいました。道中では内で我慢して直線で外に出したら、手応えもあり、最後まで馬が頑張って伸びてくれました。」

 

(ホッカイドウ競馬のホームページによる)

 

<22日(水)>

・大井競馬場(天候・雨 馬場状態・不良)で行われた第21回マイルグランプリ(第11競走・3歳以上オープン・SII・ダート1600m・1着賞金2500万円)は16頭によって行われた。

 3番人気となつた大井のセイントメモリーが、3番手からレースを進めて直線で先頭に立ち、追い込んだ1番人気の大井のグランディオーソをハナ差抑えて優勝した。勝ちタイムは1分39秒6。勝利騎手は船橋の本橋孝太。3着は2馬身差で大井のゴーディー。

 セイントメモリーは父アフリート、母ソラーティカ(母父Halo)の牡7歳鹿毛馬。大井の月岡健二厩舎所属。重賞は5勝目となり、通算成績は38戦16勝(中央競馬は未出走)となった。

・名古屋競馬場(天候・小雨 馬場状態・不良)で行われた第53回ゴールドウィング(第10競走・2歳オープン・ダート1600m・1着賞金250万円)は、カツゲキグロリアとユメハオオキクの2頭が出走を取り消して10頭が出走した。

 先手を奪った6番人気の愛知のヒメカイドウが、そのまま先頭を譲ることなく逃げ切り、終始2番手を追走した5番人気の笠松のネイチャークルーズに1馬身の差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分42秒9。勝利騎手は愛知の大畑雅章。3着は6馬身差で8番人気の愛知のホウライショコラ。1番人気となった愛知のメモリードルマンは4着に終わった。

 ヒメカイドウは、父カルストンライトオ、母シーフェアリー(母父ユートカイザー)という血統の牝2歳青鹿毛馬。北海道からの移籍4戦目での重賞初制覇となり、通算成績は7戦2勝(中央競馬は未出走)となった。

 

 

●●笠松競馬の開催日程が変更●●

・岐阜県地方競馬組合は、笠松競馬平成26年度第21回笠松競馬の開催日程を以下の通りに変更することを発表した。

 

【第21回競馬】

<変更前>

平成27年3月3・4・5・6・19・20日(6日間開催)

<変更後>

平成27年3月3・4・5・6日(4日間開催)

 

※第22回競馬(5日間開催)は変更なし。

 

 (NARのホームページによる)

 

 

●●JRA交流競走の勝ち馬●●

<22日(水)>

●名古屋(天候:小雨 馬場:不良)

★名古屋CCケレス賞(第9競走・3歳以上・ダート1400m・10頭立て)

 プリンシペアスール・牡5歳・JRA栗東:宮本博厩舎・父シンボリクリスエス

 

(担当:小林雅巳)