【菊花賞】美浦レポート~ゴールドアクター [News]
2014/10/22(水) 15:26
 26日(日)に京都競馬場で行われる菊花賞に出走を予定しているゴールドアクターについて篠島調教助手のコメントは以下の通り。

「前走は小回りの札幌競馬場でしたから前々で積極的に行き、スローペースの中、2番手からレースを進めてキッチリと差し切りました。もともと能力のある馬で、ここでは負けられないという思いでいました。
 その後短期放牧に出して、戻ってからも順調に調教を消化してきました。先週は騎手が乗った追い切りでいい動きでした。今朝は先週やっているので息を整える程度のものでした。輸送もあるので無理のない調整をするよう指示があり、ウッドコースでの併せ馬でしたが、併せる相手に合わせるという調教でした。手ごたえも抜群で、まだまだ余裕がある感じでした。春よりも背中に力がついて良くなっています。歩様の固さもなくいい状態です。
 3000メートルは走ったことがないので未知数ではありますが、素直な馬なので距離の延長は気にしていません。騎手に従順で折り合い面も心配ありません。京都までの輸送も心配していません。今回は強いメンバーが相手になりますが、積極的に自分の競馬が出来るように頑張ってもらいたいです。」

(取材:小林雅巳)