【もみじS】(京都)~アルマワイオリが外から差し切る [News]
2014/10/19(日) 16:16
京都9Rのもみじステークス(2歳オープン、芝1400m)は2番人気アルマワイオリ(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒6(良)。1馬身1/2差2着に5番人気ワキノヒビキ、さらにハナ差で3着に8番人気シゲルチャグチャグが入った。

アルマワイオリは栗東・西浦勝一厩舎の2歳牡馬で、父マツリダゴッホ、母イナズマローレル(母の父ピルサドスキー)。通算成績は3戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 アルマワイオリ(勝浦騎手)
「道中は位置を決めずに、終いでどれくらいの脚を使えるか見てみたいと思っていました。思い通りの切れ味でしたし、3戦目でこの形の競馬が出来て、結果を出せたことは次につながると思います。この切れ味は上でも通用するはずです」

(西浦勝一調教師)
「勝つだけではなく、先につながるレースが出来ましたね。ジョッキーがうまく乗ってくれましたし、これからが楽しみです。この後は11月にどこか1回使って朝日杯へ行きたいと思います」

5着 グレイトチャーター(福永騎手)
「デビューからの2戦が重い馬場での競馬でしたし、初めて時計の速い馬場での競馬でしたが、うまく走ってくれました。そう切れるタイプではないですし、好位差しが出来るようにと考えていた馬。今なら1600mでもいいと思います」