【メイクデビュー】(東京4R、5R)~ランディングバース、グレイトフルデッドが勝利 [News]
2014/10/19(日) 16:06
東京4Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、ダート1400m)は1番人気ランディングバース(菱田裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒9(良)。5馬身差2着に2番人気シベリアンマッシブ、さらに5馬身差で3着に11番人気サンローガンが入った。

ランディングバースは美浦・加藤征弘厩舎の2歳牡馬で、父Honest Man、母Meadowlanding(母の父Meadowlake)。

~レース後のコメント~
1着 ランディングバース(菱田騎手)
「美浦で最終追い切りに乗って、特徴はつかんでいました。まだ馬体に余裕があって、先々が楽しみです」

2着 シベリアンマッシブ(石川騎手)
「好位につけられて、攻め馬の通りに走ってくれました。次走もチャンスがあると思います」

3着 サンローガン(松岡騎手)
「調教で動けていたので期待していました。今日走って上積みがありそうです」

6着 アヴェーヌモン(池添騎手)
「いい馬ですが、最後に止まってしまいました。使いつつになると思いますが、今後走ってくる馬だと思います」


東京5Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、芝1600m)は1番人気グレイトフルデッド(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒5(良)。1/2馬身差2着に9番人気ケイツーノート、さらにアタマ差で3着に6番人気ナンヨーピューピルが入った。

グレイトフルデッドは美浦・鹿戸雄一厩舎の2歳牝馬で、父ハーツクライ、母ヴィアンローズ(母の父Sevres Rose)。

~レース後のコメント~
1着 グレイトフルデッド(鹿戸雄一調教師)
「早く先頭に立ったので心配しましたが、最後までしっかりしていて強いレースでした。まだまだ良くなる余地がありますから、じっくりやっていこうと思います」

2着 ケイツーノート(武士沢騎手)
「緩い感じはしましたが、競馬を教えていけば変わってくると思います」

4着 アキトクレッセント(石橋脩騎手)
「スタートして楽にいい感じで走っていましたが、コーナーで何かを見たのか、リズムが悪くなり、手前を替えてもまた戻ってしまい、右手前のままでした。1回使って、引き締まってくればと思います」

6着 ウインブルーローズ(大野騎手)
「早め早めを意識しました。ここを使って良くなればと思います」