【清水S】(京都)~フルーキーが2連勝達成 [News]
2014/10/18(土) 16:37
京都11Rの清水ステークス(3歳1600万下・芝1600m)は、1番人気フルーキー(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒0。1馬身1/4差の2着に2番人気メイケイペガスターが、ハナ差の3着に3番人気トーセンソレイユがそれぞれ入線。

フルーキーは栗東・角居勝彦厩舎の4歳牡馬で、父Redoute's Choice、母サンデースマイル2(母の父Sunday Silence)。通算成績は9戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 フルーキー 川田将雅騎手
「ゲートの出はあまりよくありませんでしたが、馬場を考えると後ろの位置ではダメだと思い、少しずつ動かしていって、3コーナーではいいポジションにつけました。あとは直線で伸びてくれるだろうという感触でした。やはりこの馬はいい馬ですね」

2着 メイケイペガスター 四位洋文騎手
「この馬としては今日はうまくいったと思います。勝ち馬とは位置取りの差でしょう。ようやく競馬らしい競馬をしてくれました。しかし、次のレースでも折り合いが課題になるでしょうね」

3着 トーセンソレイユ 小牧太騎手
「今日のようなレースだと枠順の差が大きいですね。外枠だとずっと外を回らされてしまいます。内枠だったら勝ち馬の後ろからレースができたと思います。しかし、やはりこの馬はためれば切れますね。今日のような馬場も合っています」