【紫菊賞】(京都)~ティルナノーグが直線一気でレコードV [News]
2014/10/18(土) 15:54
京都9Rの紫菊賞(2歳500万下・芝2000m)は、2番人気ティルナノーグ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒5のレコード。クビ差の2着に1番人気トーセンバジルが、3馬身差の3着に4番人気レントラーがそれぞれ入線。

ティルナノーグは栗東・松永幹夫厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母バイコースタル(母の父Gone West)。通算成績は2戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ティルナノーグ 武豊騎手
「いいレースでしたね。成長を感じるレースでした。とにかくいい脚を使います。キズナのような脚でした。デビュー前から期待の大きかった馬ですが、2戦目でさらに夢がふくらみました。楽しみです」

2着 トーセンバジル 岩田康誠騎手
「とても乗りやすい馬で、今日も休み明けを感じさせない動きでした。直線ではこの馬も伸びていますが、相手の伸びが上でした」

4着 ジュヒョウ 小牧太騎手
「緩い流れで前の位置で手綱を持ったままで進んで、この馬もよくがんばっています。レースの流れは前残りの形なのですが、それを差し切るんですから1、2着馬は強いですよ」