【プラタナス賞】(東京)~人気のタップザットが押し切る [News]
2014/10/18(土) 15:50
東京9Rのプラタナス賞(2歳500万下・ダート1600m)は、1番人気タップザット(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分39秒5。半馬身差の2着に2番人気デヴァスタシオンが、クビ差の3着に7番人気スピリッツセカンドがそれぞれ入線。

タップザットは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父Tapit、母アートプリンセス(母の父Officer)。通算成績は2戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 タップザット 福永祐一騎手
「外へ逃げてしまって大変でした。普通の馬なら勝てませんが、素質の高さで勝ってくれました。まだ荒削りなところがあります」

2着 デヴァスタシオン 柴田大知騎手
「かなり幼い面があります。返し馬では舞い上がっていて、その部分で力を使っているところもあったかもしれません。もっと落ち着いて、精神的に大人になってくれればいいと思います。力はありますし、距離はさらに延びても大丈夫でしょう」

4着 ノースヒーロー 吉田豊騎手
「いい馬です。ゲートの中でガタガタとしていたので出遅れるかと思いましたが、ちょうどいいタイミングで出てくれました。抑えていって欲しいと言われていましたし、ペースも速かったので3番手になりました。道中はややハミがかかっていましたが、がんばってくれました。もっと落ち着いてくればいいと思います」

5着 ディアドムス 三浦皇成騎手
「今日は馬群の中で競馬をしようと思っていましたが、それがしっかりできたのでよかったです。まだ体に余裕がありますし、次はさらによくなるでしょう」