【メイクデビュー】(京都4~5R)~ペプチドウォヘッド、グランデサムライが勝利 [News]
2014/10/18(土) 15:19
京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1800m)は、2番人気ペプチドウォヘッド(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒8。7馬身差の2着に1番人気エイシンチャーターが、3/4馬身差の3着に6番人気ヤマイチレジェンドがそれぞれ入線。

ペプチドウォヘッドは栗東・吉村圭司厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ドリームスピカ(母の父バブルガムフェロー)。

レース後のコメント
1着 ペプチドウォヘッド 岩田康誠騎手
「素直で乗りやすい馬です。道中は遊んでいたくらいでしたが、怯むところもなかったですし、初戦としては満点です」

2着 エイシンチャーター 藤岡佑介騎手
「センスのいいレースをしてくれました。息遣いとしてはもう一本(追い切りが)欲しいという感じだったので、使って変わってきそうです」

3着 ヤマイチレジェンド 幸英明騎手
「初戦ということもあって、最初はあまり進んで行かなかったのですが、向正面で自分からハミをとってくれましたし、最後まで伸びています。勝った馬には離されましたが、2着馬とは差がなかったですし、上積みもあると思いますから楽しみです」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝1200m)は、6番人気グランデサムライ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒2。クビ差の2着に3番人気ベーリングメファが、半馬身差の3着に1番人気マラニーノがそれぞれ入線。

グランデサムライは栗東・吉田直弘厩舎の2歳牡馬で、父サムライハート、母パラダイスコースト(母の父Fusaichi Pegasus)。

レース後のコメント
1着 グランデサムライ 北村友一騎手
「仕上がりがよかったし、気性的にも新馬向きでした。センスのいい馬で、距離は短いところ向きだと思います。上のクラスでもセンスのよさを生かして柔軟に対応してくれると思います」

2着 ベーリングメファ 四位洋文騎手
「勝った馬のゲートは速かったですが、こちらもゲートをポンと出ました。馬ごみの中で我慢して、外に出してからはいい伸びでした。初戦としてはいい内容でした」