【秋華賞】栗東レポート~バウンスシャッセ [News]
2014/10/16(木) 17:22
 19日(日)に京都競馬場で行われる第19回秋華賞(GI・芝2000m)に出走するバウンスシャッセ(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●バウンスシャッセについて北村宏司騎手
「紫苑Sはレース前のコンディションは良かったのですが、馬場状態も悪かったですし、最後はちょっと集中力が途切れてしまったような面もありました。色々な事が重なってしまったのかなと...。とにかく、走り切っていませんでした。オークスで乗せてもらった時の感触からしても、ここ2戦は状態の面はそれほど変わっていなくても、気持ちがうまく乗せて行けなかったのかなと思います。

 今週(馬が)栗東に来てから初めて乗りましたが、落ち着いていましたし、状態も良いと感じました。美浦にいる時に気持ちを乗せるような調教はして来ましたし、栗東に来てからはコンディションを維持するようなイメージで乗って貰っています。

 今回は馬場も良いでしょうし、上手くレースの流れに乗せたいですね。中山で重賞を勝った時も上手に対応して走ってくれましたし、どんな競馬も出来るでしょう。能力を感じている馬ですし、それを出し切れるように僕がどう持っていくかだけだと思っていますから、楽しみにしています」

(取材:大関隼)