【久多特別】(京都)~ベルルミエールが接戦制す [News]
2014/10/14(火) 15:41
京都9Rの久多特別(3歳以上1000万下・芝1400m)は、2番人気ベルルミエール(川島信二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒1。ハナ差の2着に1番人気ダンスディレクターが、更にハナ差の3着に7番人気マイネノンノがそれぞれ入線。

ベルルミエールは栗東・高橋亮厩舎の3歳牝馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母フレンチビキニ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は9戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ベルルミエール(川島信二騎手)
「しぶとかったですね。さすが春先に一線級と戦ってきた馬です。プラス20kgでしたが、良くしのぎ切ってくれました」

2着 ダンスディレクター(浜中俊騎手)
「この馬としてはスタートもしっかり出て、落ち着いていました。とにかくリズムが大切な馬。前残りのなか、直線は本当に良く伸びています。勝ち馬とはハンデ差もあったと思います」

3着 マイネノンノ(和田竜二騎手)
「今回は前走と違って気配が良かったです。力通り走ってくれました。ハンデ差もあったと思いますが、外回りでもうまくペースを落として走ることができました」

4着 シンジュボシ(川田将雅騎手)
「上位の馬たちが強いなか、うまく1400mにも対応して頑張っています」

5着 ミッキーラブソング(小牧太騎手)
「スタートもよく、リズム良くレースを運べましたが、ゴール前は窮屈になってしまいました。そのあたりがスムーズならもっと際どくなっていたと思います」