【メイクデビュー】(京都4、5R)~グレイスフルワード、ベルーフが勝利 [News]
2014/10/14(火) 13:15
 京都4Rのメイクデビュー京都(牝馬限定戦、芝1600m)は、4番人気のグレイスフルワード(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒6(稍重)。1馬身3/4差の2着に13番人気のダンシングが、4馬身差の3着に8番人気のスキースクールがそれぞれ入線。

グレイスフルワードは栗東・牧田和弥厩舎の2歳牝馬で、父ハーツクライ、母タニノハイクレア(母の父クロフネ)。

レース後のコメント
1着 グレイスフルワード 岩田康誠騎手
「初戦でしたが、ゲートも道中も問題なく、追ってからの動きも素早かったですし、初戦からとてもいいレースをしてくれました」

牧田和弥調教師のコメント
「仕上がりも良く、追い出してからの反応も良かったですね。次のレースについてはオーナーとの相談になりますが、この距離を勝ったわけですから、暮れのGI(阪神JF)を走らせたいという気持ちはあります」

3着 スキースクール 北村友一騎手
「繊細なところがあって、怖がりな馬ですが、走り出すと素直で、最後までしっかり走ってくれました」

 京都5Rのメイクデビュー京都(芝2000m)は、2番人気のベルーフ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分06秒0(良)。クビ差の2着に1番人気のグリュイエールが、3馬身1/2差の3着に5番人気のチャリスウェルがそれぞれ入線。

ベルーフは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父ハービンジャー、母レクレドール(母の父ゴールデンサッシュ)。

レース後のコメント
1着 ベルーフ 川田将雅騎手
「幼い馬ばかりでしたから、とても遅い流れになりましたが、よく辛抱してくれました。4コーナーからはいい伸び脚でした。まだまだ幼い馬ですが、これから大人になっていってほしいですね」

2着 グリュイエール 福永祐一騎手
「残念です。この馬も伸びているのですが、最後は勝ち馬と同じような伸びになりました。予想通りの流れでしたが、それにしてもペースが遅かったですね。芝の走りは調教の時と比べても良かったですよ」

3着 チャリスウェル 小牧太騎手
「まだ速い脚を使わされる流れには対応できていません。物見がすごく、レース中ずっと心配させられましたが、芝の走り自体は悪くありませんでした。芝のこのぐらいの距離が合っている馬だと思います」