【メイクデビュー】(東京4R)~アミーキティアが勝利 [News]
2014/10/13(月) 14:51
東京4Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、芝1400m)は4番人気アミーキティア(丸田恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒2(良)。1馬身3/4差2着に7番人気ウインレナータ、さらにハナ差で3着に2番人気リーディングライツが入った。

アミーキティアは美浦・大竹正博厩舎の2歳牝馬で、父プリサイスエンド、母パノラマビューティ(母の父ダンスインザダーク)。

~レース後のコメント~
1着 アミーキティア(丸田騎手)
「スタッフが入念に乗り込んで、しっかりと仕上げてくれました。まだ手前を替えないなど幼いところがありますが、口向きの難しさを見せなかったことが内容としては良かったです」

2着 ウインレナータ(黛騎手)
「スタートで少し飛び上がって出てしまい、位置を取りに行く形になりました。しかし、その後はリズムを取ることが出来ました。調教の頃から根性があると思っていました。距離はさらに延びても大丈夫でしょう」

3着 リーディングライツ(三浦騎手)
「我が強いところがありますが、スタッフがその部分を抑えてくれていました。今回、しっかりと追ったのは初めてですし、次につながるいい内容でした。気性のいい面がレースで出れば、いい切れ味を発揮してくれるでしょう」

4着 アップセッター(北村宏騎手)
「1番ゲートということもあって、周りをキョロキョロしていました。3~4コーナーからハミを取りに行って、直線では外に出して、これなら伸びて来ると思いました。最後もいい姿勢で走っていますし、差を詰めています」

5着 ユメヲカナエテ(柴田大騎手)
「トビが大きく器用ではありませんが、前向きで真面目な馬です。最後まであきらめず、ずっと伸びてくる感じがあって、偉い馬だと思います」

8着 ハネムーンソング(大野騎手)
「初めてで、ずっと物見をしながら走っていました。道中も外に張る感じで、その力みが最後につながってしまいました。どれだけ楽勝するのだろうという手応えはあったので、能力はあります。テンションが上がらなければいいですね」