【テレビ静岡賞】(東京)~関西馬ダノンレジェンドが逃げ切る [News]
2014/10/12(日) 16:43
東京10Rのテレビ静岡賞(3歳以上1600万下・ダート1400m)は、1番人気ダノンレジェンド(高倉稜騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒1。3馬身半差の2着に3番人気アメージングタクトが、3/4馬身差の3着に4番人気タマブラックホールがそれぞれ入線。

ダノンレジェンドは栗東・村山明厩舎の4歳牡馬で、父Macho Uno、母My Goodness(母の父Storm Cat)。通算成績は16戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 ダノンレジェンド 高倉稜騎手
「調教師からは『任せる』と言われていました。和田竜二騎手から『ゲートは遅いけど、ダートスタートの方がいいスタートを切れる』と聞いていましたし、今日はスピードがついてからは速かったです。下手に小細工せず、好きに走らせようと思いました。後ろの足音が聞こえたところで指示を出したら反応がよくて勝てると思いました。自分自身、ワンチャンスを生かすことができてよかったです」

2着 アメージングタクト 戸崎圭太騎手
「スタートがよく、道中も行きっぷりがよかったです。調子がよく、力をつけています。今日は勝ち馬が強すぎました。1400mも問題ありません」

8着 シンキングマシーン 大野拓弥騎手
「今日は最近の中でも体を使えていると思っていただけに......。敗因はわかりません。この馬のレースをした方がいいのでしょうか......」