【六社特別】(東京)~3歳馬ベストドリームが混戦を制す [News]
2014/10/12(日) 16:04
東京9Rの六社特別(3歳以上1000万下・芝1600m)は、7番人気ベストドリーム(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒2。クビ差の2着に4番人気フジマサエンペラーが、1馬身1/4差の3着に3番人気キンシノキセキがそれぞれ入線。

ベストドリームは美浦・高橋文雅厩舎の3歳牡馬で、父メイショウサムソン、母ダービーゾーン(母の父サニーブライアン)。通算成績は8戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ベストドリーム 高橋文雅調教師
「強かったです。腹回りなど体がしっかりして、精神的にも春は引っかかるところがありましたが、折り合うようになってよくなってきました。切れ味を生かすにはこのぐらいの距離が現状はいいでしょう。センスがありますし、今日のような競馬ができれば、今後クラスが上がっても対応できるでしょう」

2着 フジマサエンペラー 横山典弘騎手
「やっとこの馬らしい競馬をしてくれました。いいレースだったと思います」

4着 メドウヒルズ 吉田豊騎手
「最初はどの馬が行くのか行かないのかを探るような展開で、そのぶん余計にハミを噛んでしまいました。以前はラチに寄っていくようなところがありましたが、まっすぐ走るようになりました。道中もっとリラックスして走れれば、さらによくなるでしょう」

5着 カグニザント 蛯名正義騎手
「突き抜けるかという感じでしたが、残り100mでバタッと止まってしまいました。それでもだいぶよくなってきています。順調さを欠いて、内面的に苦しくなって引っかかるときもありましたが、返し馬もわかってきましたし、これならきっかけをつかめるでしょう」

8着 サトノキングリー 戸崎圭太騎手
「流れに乗せすぎました。脚をためる乗り方をしたほうがよさそうです」