【りんどう賞】(京都)~コートシャルマンが直線一気でV [News]
2014/10/12(日) 15:43
京都9Rのりんどう賞(2歳500万下・牝馬・芝1400m)は、1番人気コートシャルマン(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒3。クビ差の2着に2番人気ダノングラシアスが、3/4馬身差の3着に4番人気タガノヴェルリーがそれぞれ入線。

コートシャルマンは栗東・松永幹夫厩舎の2歳牝馬で、父ハーツクライ、母コートアウト(母の父Smart Strike)。通算成績は2戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 コートシャルマン 福永祐一騎手
「ゲートでトモを落として遅れましたが、最後はとてもいい脚でした。よくなるのはまだ先だと思いますが、緩いところがある中でこのパフォーマンスですからね。能力の高さを感じますし、楽しみです」

松永幹夫調教師のコメント
「今は馬が成長している段階で、これからさらによくなってくると思います。このあとは阪神JFを目標にしますが、次にどこを使うかは未定です」

2着 ダノングラシアス 岩田康誠騎手
「折り合いがついて、ムキにならないところはよかったですが、ゴーサインにワンテンポ遅れました。いい脚を使っていますし、かなりの能力を感じます」