【メイクデビュー】(東京4~5R)~レザンドゥオール、ラブユアマンが勝利 [News]
2014/10/12(日) 15:07
東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1300m)は、1番人気レザンドゥオール(F.ベリー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒2。2馬身差の2着に3番人気リリーウイナーが、3馬身差の3着に11番人気ヒルプリンセスがそれぞれ入線。

レザンドゥオールは美浦・武藤善則厩舎の2歳牡馬で、父ケイムホーム、母サクラダモン(母の父ボストンハーバー)。

レース後のコメント
1着 レザンドゥオール F.ベリー騎手
「スタートは遅かったのですが、スッといい位置につけられました。道中はモタれていましたが、直線に向いてハミを噛んだら、よく伸びてくれました。まだ子どもっぽいですが、上のクラスでもやれる馬です」

武藤善則調教師のコメント
「道中モタれながらも完勝でした。かきこむ走法なので、ダートが向いています。距離はマイルまでもって欲しいです。次はオキザリス賞に向かいます」

3着 ヒルプリンセス 宮崎北斗騎手
「新馬戦としてはいい内容でした。まだ成長途上ですし、使ってトモがよくなってくるといいですね」

4着 ケイジーオプティー 岩部純二騎手
「砂を被って嫌がっていました。内に入れて、ようやくハミを噛んでくれました。ゴール後も走っていましたし、今日は力を出し切れていません」

5着 サンチュータ 松岡正海騎手
「トモがまだ緩くて、前に行けませんでした。それでも終いはいい脚でした」

7着 コウエイトゥルース 武豊騎手
「スタートは速いのですが、まだ馬ができていません」

8着 レーヴシャルマン 三浦皇成騎手
「周りを気にしていましたし、ずっと右に張っていました。スピードはあるので、それを生かせるようになるといいですね」


東京5Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は、4番人気ラブユアマン(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒8。3/4馬身差の2着に1番人気ドゥラメンテが、1馬身3/4差の3着に3番人気ロジナンがそれぞれ入線。

ラブユアマンは美浦・尾関知人厩舎の2歳牡馬で、父ステイゴールド、母アイアンドユー(母の父Silver Hawk)。

レース後のコメント
1着 ラブユアマン 戸崎圭太騎手
「素直な馬です。切れるというより長く脚を使うタイプの馬なので、自分から仕掛けていきました。今日の競馬はまったく問題なかったと思います。距離が延びてもいいと思います」

4着 テキスタイルアート 柴山雄一騎手
「追い出してからいい感じでしたが、坂を上がって止まってしまいました。まだ緩いところがありますが、デビュー戦としては悪くなかったと思います」

5着 エニグマバリエート 武豊騎手
「前半はスピードに乗りませんでしたが、ラストはすごくいい脚を使っていました。能力の高い馬だと思います」