【いちょうS】(東京)~クラリティスカイがレコードで重賞初V [News]
2014/10/11(土) 17:02
東京11Rの第1回いちょうステークス(新設重賞、2歳、芝1600m)は4番人気クラリティスカイ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒5(良)のレコード。2馬身差2着に2番人気ネオルミエール、さらにクビ差で3着に3番人気ミッキーユニバースが入った。

クラリティスカイは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父クロフネ、母タイキクラリティ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は4戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 クラリティスカイ(横山典騎手)
「父に似て大とびなところがあるので、返し馬では注意しました。スタートでモッサリするところもあるので、そこも気をつけました。切れる脚が使えない馬ですが、描いた通りの位置取り、レースの流れ、直線での伸びでした。この馬場なのでレコード勝ちは当然ですが、強い内容でした。距離はさらに延びても心配はないでしょう」

(友道康夫調教師)
「体重は減っていましたが、輸送は大丈夫でした。今日はゲートの出が良く、いい位置でレースが出来ました。1回、放牧に出して、次は朝日杯FSか、ホープフルSのどちらかを考えています」

2着 ネオルミエール(柴山騎手)
「いい位置で折り合いがつき、終いも伸びています。勝ち馬には先に抜けられていたので、その分の差です。遊ばずにまっすぐ走っていたのは良かったです。まだまだこれからの馬です」

3着 ミッキーユニバース(北村宏騎手)
「スタートは急かさずに出ましたが、前に出たところで少し掛かっていました。しかし、逃げ馬に先頭を譲ったところでまた冷静に走ってくれました。勝ち馬に並ばれたところでは盛り返そうとしてくれましたが、離されてからはさすがに苦しかったです」

4着 オープンザウェイ(勝浦騎手)
「まだまったく完成されていない中でのこのメンバーとの対戦で、どれだけ走るか楽しみにしていました。本当によく走ってくれます。今後が楽しみです」

5着 ニシノクラッチ(田辺騎手)
「想像より走ってくれました。もう少し流れに乗せたいところですが、スタートが速くないのと、道中で周りを気にするところがあります。最後は止まってしまいましたが、一旦は伸びていましたし、よく走っています」

7着 マイネルグルマン(丹内騎手)
「勝ち馬の後ろで上がって行こうとしましたが、逆に離されてしまいました」

9着 タケデンタイガー(津村騎手)
「折り合ってはいましたが、距離のカベでしょうか」

10着 サトノフラム(戸崎騎手)
「馬の雰囲気は良かったです。少しスタートで力みましたが、壁を作ってからは落ち着いていました。追い出しての反応は良かったですが、そこから先が続きませんでした。敗因は分かりません」