【いちょうS】美浦レポート~ネオルミエール [News]
2014/10/08(水) 15:33
 11日(土)東京競馬場で行われる第1回いちょうステークス(新設重賞)に登録をしているネオルミエール(牡2、美浦・藤沢和雄厩舎)について、藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

(新馬戦を振り返って)
「強かったのですが、まだ子供っぽいですし、フラフラしていました。何とか勝たせてもらいました。(1回使って)幾分大人っぽくなったかなと、一度競馬を経験して良かったなと思います。」

(その後の調整について)
「前走を使って、輸送して帰ってきたので、それほど速い調教はまだやっていません。明日やって、それで良ければ行きたいなと思っています。」

(今回の鞍上は柴山騎手)
「彼はずっと調教に乗っていたので、それは問題ないでしょう。新馬戦では先頭に立ってからフラフラしていましたが、一度使っていますし、幾分違うと思います。」

(東京のコースについて)
「直線が長いし、ゆっくり乗れるので、その辺は心配していません。この間使ったばかりですから、明日の追い切りを見たいです。春に一度厩舎に来た時に、ずいぶん期待されていた馬でしたが、少し馬が若かったので、一旦牧場で調整してもらいました。また厩舎に帰ってきて、少しずつ大人っぽくなってきているので、来年の春に大きなところに行けそうな馬ですし、何とか頑張ってもらいたいです。」

(取材:米田元気)