【白山大賞典】(金沢)~エーシンモアオバーがレコードで逃げ切り連覇 [News]
2014/10/07(火) 16:29
7日(火)金沢競馬場(晴 重)で行われたダートグレード競走、第34回白山大賞典(JpnIII ダート2100m)はJRA所属の4番人気エーシンモアオバーがレコードタイムで逃げ切り、去年に続き白山大賞典連覇を果たした。

スタートしてすぐ、先手を主張してエーシンモアオバーが先頭に立った。JRAグラッツィアは競り合わず2番手、3番手に船橋のサミットストーンが続く。4番手グループに地元金沢セイカアレグロ、JRAソリタリーキング、その後ろにJRAランフォルセと続いて1周めから2周めへ。隊列はさほど変わらず、マイペースで楽に逃げるエーシンモアオバーが勝負どころでペースをあげた。鞍上がさかんに手を動かしてグラッツィアとサミットストーンが差を詰めにかかったが、エーシンモアオバーは悠々と逃げ切った。勝ちタイムは2分12秒5、去年のJBCクラシックでホッコータルマエがマークしたコースレコードを0秒1更新した。勝利騎手はJRA・岩田康誠。

2番人気サミットストーンが2着、3着は3番人気グラッツィア。1番人気ソリタリーキングは4着。

エーシンモアオバーは父マンハッタンカフェ、母オレゴンガール(母の父Rubiano)、牡8歳鹿毛馬。JRA栗東・沖芳夫厩舎の管理馬。通算47戦11勝、重賞は2012年の名古屋グランプリ、去年の白山大賞典に続く3勝目となった。