【サフラン賞】(新潟)~スマートプラネットが3馬身差で人気に応える [News]
2014/10/05(日) 17:02
新潟9Rのサフラン賞(2歳500万下、牝馬限定、芝1400m)は1番人気スマートプラネット(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒5(良)。3馬身差2着に2番人気ダイワバーチュー、さらにハナ差で3着に6番人気トーホウハニーが入った。

スマートプラネットは美浦・和田雄二厩舎の2歳牝馬で、父ファルブラヴ、母アンダルシア(母の父アルカセット)。通算成績は4戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 スマートプラネット(田辺騎手)
「2回目の騎乗でしたが、以前に乗った時よりも力をつけています。競馬に対して気持ちがピリッとしてきた感じです。勝負どころでズブくなるなど苦しいところを出していますが、それを乗り越えてくれるといいですね。調教師には、ハナに立たないで、と言われていましたが、ゲートの出が良かったですし、行かせてもらいました。引っ掛かる心配もないですし、体力がついて、いい感じに成長してくれればと思います」

2着 ダイワバーチュー(蛯名騎手)
「2戦目でうるさい面を見せていました。ゆったりと走らせたいので、前に出さずに競馬をしました。こういう馬場は良くないのかもしれません。もっと競馬が分かってくると色々なことが出来てくるでしょう」

3着 トーホウハニー(柴田善騎手)
「馬の感じは良かったです。いいアクションで走ります」

4着 スペチアーレ(大野騎手)
「スタートが良く、直線に入るまでスムースに運べました。しかし、追い出してからが案外でした。馬場の影響もあるのでしょうか」

5着 カゼノトビラ(丸山騎手)
「期待していたのですが、追ってからモタれてしまい、伸びませんでした。具合は良かったのですが...。ダート向きでしょうか」