【古町特別】(新潟)~コーディリアがまんまと逃げ切る [News]
2014/10/04(土) 16:28
新潟10Rの古町特別(3歳以上1000万下・芝1800m)は、7番人気コーディリア(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒8。3/4馬身差の2着に3番人気レコンダイトが、半馬身差の3着に1番人気ピオネロがそれぞれ入線。

コーディリアは美浦・尾形和幸厩舎の5歳牝馬で、父シンボリクリスエス、母コードネーム(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は21戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 コーディリア 石川裕紀人騎手
「強かったです。斤量が軽いことで乗せてもらえることになり、感謝しています。道中はリラックスして並ばれてからの反応もよかったです。52キロでも力で勝ったという感じです。左回りも今日のような馬場も苦にしませんでした」

2着 レコンダイト 北村宏司騎手
「油断せず早めのレースをしましたが、ギアチェンジが早くなく、なかなか差が詰まりませんでした。休み明けの分もあるのかもしれませんが、勝った馬とは斤量の差もありましたからね」

3着 ピオネロ 三浦皇成騎手
「もう少しスッと脚を使えるといいのですが、まだ3歳ですし、良化の余地があります」

4着 ロジメジャー 柴田善臣騎手
「この前より後ろ脚がしっかりしていましたが、もうワンパンチ欲しいです」

5着 シルクキングリー 松岡正海騎手
「抜け出そうとしたところで、ソラを使ってしまいました。このクラスでも十分やれると思います」