【神戸新聞杯】(阪神)~ワンアンドオンリーがダービー馬の貫禄示す [News]
2014/09/28(日) 17:08
阪神11Rの神戸新聞杯(3歳GII・芝2400m)は、1番人気ワンアンドオンリー(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分24秒4。アタマ差の2着に8番人気サウンズオブアースが、アタマ差の3着に9番人気トーホウジャッカルがそれぞれ入線。

ワンアンドオンリーは栗東・橋口弘次厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母ヴァーチュ(母の父タイキシャトル)。通算成績は10戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 ワンアンドオンリー 横山典弘騎手
「ダービーのときはびっくりするほどスタートで出ていきましたが、今日のスタートがこの馬のいつもの形でしょう。今日は早めに動いていって、いったん相手に前に出られてから差し返したのだから大したものです。今日のレース内容から、次走に向けては特に言うことはないですね」

2着 サウンズオブアース 藤岡佑介騎手
「スタートをよく出てくれて、折り合いもつきました。先にワンアンドオンリーが動いたときにひと呼吸置いて動いていって、直線で一旦アタマひとつ前に出たのですが、馬体を併せるとダービー馬の底力で差し返されました。今日のレースは馬にとってもいい経験になったと思います」

3着 トーホウジャッカル 酒井学騎手
「よく折り合ってレースができましたし、直線もよく伸びて、先につながるレースができたと思います。この相手でも能力が通用することを証明できました。今日は悔しいレースになりましたが、この悔しさを次につなげたいですね」

4着 サトノアラジン 浜中俊騎手
「出たなりの位置で進めました。向正面で少し力むところがあり、スズカデヴィアスに早めに来られ、さらに勝ち馬にも来られて厳しくなりました」

5着 ヴォルシェーブ 岩田康誠騎手
「折り合いをつけて、直線に賭ける競馬をしました。直線ではもっと弾けてもいいのに、思ったより反応が鈍かったです」

6着 ハギノハイブリッド 福永祐一騎手
「サウンズオブアースと同じような位置でレースを進めて、直線で内が開いていたのでそこを突きましたが、一頭になってから走り切れませんでした。結果的に外を回した方がよかったかもしれません。今日の着順、着差ほど上位との差は感じないのですが......」

7着 トーセンスターダム 武豊騎手
「馬の感じは悪くありませんでした。皐月賞のときもそうでしたが、4コーナーで下がってしまいます。直線で盛り返していますから、一概に距離が合わないとも言い切れません。次に期待したいです」