【悠久山特別】(新潟)~スズカヴァンガードが早め先頭で押し切る [News]
2014/09/27(土) 15:47
新潟10Rの悠久山特別(3歳上1000万下、芝2400m)は4番人気スズカヴァンガード(西田雄一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分25秒7(良)。1馬身1/4差2着に6番人気フェスティヴイェル、さらにクビ差で3着に13番人気テナシティーが入った。

スズカヴァンガードは美浦・小島茂之厩舎の3歳セン馬で、父スズカフェニックス、母ブリイジースズカ(母の父Danzig)。通算成績は10戦3勝となった。

~レース後のコメント~
1着 スズカヴァンガード(西田騎手)
「今、具合が良く、先週のセントライト記念に使いたかったくらいなのです。道中、流れが遅くなった時に少し引っ掛かるところがありましたが、それでも最後はよく伸びてくれました。着差以上に強かったと思います。未勝利を勝った時とは比べものにならないほど成長していますが、まだこれからも良くなると思います。楽しみです」

2着 フェスティヴイェル(田中勝騎手)
「初めて乗りましたが、乗りやすい馬でした。昇級戦でしたが、このクラスのメドは立ったと思います」

3着 テナシティー(エスポジート騎手)
「荒れた馬場を気にする馬だと聞いていたので、外に出したかったのですが、内枠で内回りコースでしたから、なかなか出しづらく、厳しい中、あきらめずによく走ってくれたと思います。展開一つでこのクラスは上がれると思います」