【ききょうS】(阪神)~ナヴィオンが追い比べから抜け出して完勝 [News]
2014/09/27(土) 15:14
阪神9Rのききょうステークス(2歳オープン、芝1400m)は1番人気ナヴィオン(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒6(良)。1/2馬身差2着に2番人気ブリクスト、さらにクビ差で3着に6番人気シゲルチャグチャグが入った。

ナヴィオンは栗東・橋口弘次厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母ユキノスイトピー(母の父ラストタイクーン)。通算成績は3戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ナヴィオン(福永騎手)
「後ろから行きすぎないようにと指示がありました。スタートを出てくれましたし、イメージ通りのポジションでした。ただ、手応えが悪く、本気になったのは最後だけです。そういう中で今日勝てたことは大きいですし、これからもっと良くなると思います。ただ、まだまだ子供です」

(橋口弘次郎調教師)
「外に出した時、差すなと思い、楽に見ていられました。1400mですから、こういう乗り方になりますよね。この後は予定通り、デイリー杯から朝日杯FSに向かいます」

2着 ブリクスト(川田騎手)
「返し馬ではテンションが高かったのですが、レースでは落ち着きすぎて進まない感じでした。もう少し動けるはずなのですが、あと一歩でした」

3着 シゲルチャグチャグ(太宰騎手)
「楽に先頭に立ち、マイペースで運べました。1400m、坂もこなして、いい内容でした」

4着 ブラッククローバー(和田騎手)
「いい感じでした。自分から動いた方が脚が使える感じです」