【清秋ジャンプS】(新潟)~ダノンゴールドが人気に応えて3連勝 [News]
2014/09/27(土) 15:07
新潟8Rの清秋ジャンプステークス(障害3歳上オープン、芝3250m)は1番人気ダノンゴールド(横山義行騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分31秒4(良)。2馬身1/2差2着に14番人気フサイチアソート、さらに5馬身差で3着に5番人気マッキーバッハが入った。

ダノンゴールドは美浦・藤沢和雄厩舎の5歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母ライブリーチューン(母の父Dixieland Band)。通算成績は19戦8勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ダノンゴールド(横山義騎手)
「抑え切れずに引っ張ったままで先頭に立ちました。トビは雑ですが、真面目に走っているし、力のある馬です。まだ余裕があるし、重賞に行ってもやっていけそうです」

2着 フサイチアソート(原田騎手)
「トビは上手だし、力はあるのですが、レースを止めようとしたりして、気難しい面があります。今日はいい位置でロスなく運べて、うまく外に出せました」

3着 マッキーバッハ(北沢騎手)
「ゲートを出てからどうしても前に行けず、かと言って急かすと飛越でミスをするので、ジッと構えました。力はあるので3着まで上がりましたが、置き障害向きではありません」

4着 グリッターウイング(西谷騎手)
「3コーナーでは絶好の手応えでいい位置にいましたが、そこからの反応が鈍かったです。この速い流れで残るのだから、勝った馬は強いです」

5着 エアペイシェンス(高田騎手)
「速い流れで、ずっと外を回る形で苦しい展開でした。力のある馬ですし、ここを使って良くなってくればと思います」