米田アナがトップ!初参戦でリーディングアナの座を手にするのか!? [実況アナ!]
2014/09/25(木) 11:54

 すっかり秋めいてきましたが、暑くなく、やたら雨が降った8月の万馬券をここで振り返ります。8月に出た100万を超える大万馬券とWIN5の実況担当者は以下の通りです。

 

8月 2日(土)新潟・佐渡S   3連単 128万7060円(実況担当・米田)

8月 2日(土)小倉・12レース 3連複 108万8100円(実況担当・山本)

8月 9日(土)新潟・ 3レース 3連単 117万9990円(実況担当・木和田)

8月10日(日)新潟・ 7レース 3連単 119万1470円(実況担当・木和田)

8月16日(土)新潟・ 2レース 3連単 308万5890円(実況担当・小林)

8月17日(日)小倉・ 3レース 3連単 266万8540円(実況担当・大関)

8月24日(日)小倉・北九州記念 3連単 395万3810円(実況担当・大関)

8月31日(日)新潟・ 7レース 3連単 106万1630円(実況担当・中野)

 

★8月 3日(日) クイーンS&アイビスサマーダッシュ

 新潟 10R(5番人気)・11R(1番人気)  ...小塚アナ    

 小倉 10R(3番人気)・11R(7番人気)  ...大関アナ

 札幌 11R(2番人気)                  ...木和田アナ

<払戻金> 873万2040円

 

★8月10日(日) 小倉記念&レパードS

 新潟 10R(12番人気)・11R(1番人気) ...木和田アナ    

 小倉 10R(4番人気)・11R(3番人気)  ...檜川アナ

 札幌 11R(1番人気)                  ...山本アナ

<払戻金> 821万6980円

 

★8月17日(日) 関屋記念

 新潟 10R(2番人気)・11R(4番人気)  ...小林アナ    

 小倉 10R(5番人気)・11R(2番人気)  ...木和田アナ

 札幌 11R(4番人気)                  ...小塚アナ

<払戻金> 492万6830円

 

★8月24日(日) 札幌記念&北九州記念

 新潟 10R(6番人気)・11R(1番人気)  ...中野アナ    

 小倉 10R(1番人気)・11R(8番人気)  ...大関アナ

 札幌 11R(2番人気)                  ...舩山アナ

<払戻金> 170万8180円

 

★8月31日(日) キーンランドC&新潟2歳S

 新潟 10R(9番人気)・11R(3番人気)  ...中野アナ    

 小倉 10R(5番人気)・11R(2番人気)  ...佐藤アナ

 札幌 11R(3番人気)                  ...小林アナ

<払戻金> 1867万3190円

 

 8月の月間MVPの発表です。やはり266万馬券と395万3810円の北九州記念を実況した大関アナウンサーがMVPに選出されました。大関アナは、今年は4月になるまで100万超の大万馬券が出たレースを実況したことがなく、ここまで目立った活躍はなかったのですが、8月は自身の存在をアピールした形となりました。特に北九州記念は今年の重賞レースの最高配当となり、印象度がアップしたと言えます。

 『ラジオNIKKEIアナウンサー 万馬券レース実況リーディング』は、首位が入れ替わりました。なんと米田アナがリーディングのトップに立ったのです。米田アナは2月終了時点で一度トップに立ったのですが、その後低迷していました。しかし、7月終了時点で2位に上がり、どうも夏場に調子を上げるタイプなのか8月もコンスタントに万馬券レースを実況し、ついに8割2分2厘まで打率を上げて首位となったのです。8割1分9厘の佐藤アナが2位となり、3位が8割1厘の私小林で、差がなく8割ちょうどの山本アナが4位となっています。

 そして殿とブービーも入れ替わりました。不振にあえぐ木和田アナが7割6分1厘でとうとう殿となり、檜川アナが7割7分1厘でブービーとなりました。この2人の争いも最後までもつれると思われます。

 さて、リーディングのトップに立った米田アナウンサー。彼は『ラジオNIKKEIアナウンサー 万馬券レース実況リーディング』に今年から参戦した、いわば新人なのです。彼は昨年の秋から実況を始めたので、昨年は「参考記録」となり、リーディング争いには参加していませんでした。昨年は69打数51安打で打率が7割3分9厘という低レベルのものでした。しかし、今年はついに本当の姿を見せ始めたのかもしれません。彼が実況すると1番人気の馬は勝ち負けするものの、人気薄の馬が2着や3着となって3連複や3連単が万馬券となるケースが非常に多いのです。これが米田アナの特徴であると言えます。人気薄の馬ばかりで大荒れ、ということはあまりありません。むしろ1番人気の馬の信頼度は他のアナウンサーと比べてかなり高いと言えます。

 先週の日曜(21日)の新潟の障害戦もそうでした。勝ったのは単勝1.7倍のカシノデューク。私は米田アナが実況するので、あえて1番人気のこの馬を1着とした3連単フォーメーションで勝負しました。3着に入ったメイショウアラワシは4番人気でしたが、これは関西馬なので勝ち負けするだろうとみておさえていました。しかし、8番人気のカントリースノーを2着にしていなかったために5万180円を取り損なってしまいました。もう少し点数を増やしておけば簡単にゲット出来た馬券でした。3連複でも9790円とついたのですから、そちらでも良かったのですが...。本当に私はヘタです。皆さんもどうか米田アナが実況する時は「人気馬を中心にして人気薄を狙う」ということを忘れずにいて下さい。

 さぁ、秋競馬。これから日が短くなって、日々寒くなっていくかと思うと憂鬱ですが、『秋来たりなば、夏遠からじ』と思いながら、これからはジッとしていようと思います。そう、冬眠です。もしも素晴らしい万馬券をゲット出来たなら、その時は目覚めるかもしれません。はたして、その時は訪れるのか...。