【凱旋門賞】日本馬情報~3頭とも順調 [News]
2014/09/24(水) 13:09
 10月5日(日)にフランスのロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞に出走を予定している日本馬の調教状況及び関係者のコメントは以下の通り。

★ゴールドシップ(牡5歳 栗東・須貝尚介厩舎)
★ジャスタウェイ(牡5歳 栗東・須貝尚介厩舎)
<23日(火)の調教状況>
 調教コース:リヨン坂路(ダートコース)
 調教内容:それぞれ単走でキャンター1500m(1ハロン18秒程度) 

●須貝尚介調教師のコメント
「自然に恵まれた環境で調教ができて、2頭とも喜んでいるように見えました。今日はフランス到着後初めてのキャンターということで、様子を確認するような形での調教でしたが、2頭とも輸送の疲れも一切なく、脚元の問題もありません。すこぶる順調です。ゴールドシップは、鞍上の横山典弘騎手をてこずらせていたようですが、元気のよさは想定の範囲内です。明日にはもっと落ち着くと思います。ジャスタウェイは、日本にいる時と変わらずおりこうさんでしたね。明日24日(水)も今日と同じ調教メニューを考えています。」
●横山典弘騎手のコメント
「元気良かったです。順調にきているようです。」


★ハープスター(牝3歳 栗東・松田博資厩舎)
<23日(火)の調教状況>
 調教コース:リヨン坂路(ダートコース)
 調教内容:1本目 ハッキング(軽めのキャンター)1000m
       2本目 キャンター1400m(ラストは1ハロン17~18秒)

●中留伸治調教助手のコメント
「調教2日目も無事にクリアして何よりです。昨日よりも落ち着いていました。これから調教師と相談しますが、明日24日(水)は、リヨン坂路でなく、別の調教コースで乗るかもしれません。」

(JRA発表のリリースによる)