【レインボーS】(新潟)~伏兵ネオブラックダイヤが逃げ切る [News]
2014/09/21(日) 17:21
新潟10Rのレインボーステークス(3歳上1600万下、芝2000m)は10番人気ネオブラックダイヤ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒6(良)。3馬身1/2差2着に1番人気ファントムライト、さらにアタマ差で3着に4番人気マイネルディーンが入った。

ネオブラックダイヤは美浦・鹿戸雄一厩舎の6歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母オレンジパラダイス(母の父エリシオ)。通算成績は35戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ネオブラックダイヤ(横山典騎手)
「初めて乗りましたが、内枠でスタートも決まって、ハナに立って行きました。道中もマイペースで進んで、最後、追い出したらまたひと伸びしてくれました。馬体も増えていましたし、いいことが重なって勝つことが出来ました」

2着 ファントムライト(三浦騎手)
「予定通りに、予想していた馬をマークして思い通りに進めましたが、マークをしていなかった馬にうまく走られてしまいました。この馬も一生懸命走っているだけに残念です。この馬もいい馬です」

3着 マイネルディーン(柴田大騎手)
「力はあります。内枠で外に出せないので内を回って直線じわじわと外へ持ち出しました。勝ち馬は強いです。2着はあるかと思いましたが、最後、差されて3着になりましたが、このクラスでやれるメドは立ちました」

4着 ブリッジクライム(柴田善騎手)
「今日はハミを噛まず、いいリズムで走ることが出来ました。スタートも出ましたし、リズム良く走れれば楽しみです」