【ラジオ日本賞】(新潟)~インカンテーションが叩き合いを制す [News]
2014/09/20(土) 16:58
新潟11Rのラジオ日本賞(3歳以上オープン・ダート1800m)は、1番人気インカンテーション(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒2。クビ差の2着に4番人気スターバリオンが、3馬身半差の3着に2番人気サトノプリンシパルがそれぞれ入線。

インカンテーションは栗東・羽月友彦厩舎の4歳牡馬で、父シニスターミニスター、母オリジナルスピン(母の父Machiavellian)。通算成績は17戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 インカンテーション 大野拓弥騎手
「道中は少しハミを噛んでいました。ゴール前は2着馬の勢いがよかったのでヒヤッとしましたが、交わされないところにこの馬の能力を感じます。今日は気を抜かずに走ってくれました。今日の馬場も苦にはしていませんでしたが、脚抜きのいい馬場の方がいいですね。まだ体の弱いところがありますが、順調に来ていることが大きいです。もっとよくなりますよ」

2着 スターバリオン 蛯名正義騎手
「走る馬ですね。本当は戸崎騎手のいる位置につけたかったのですが、それができず外に切り替えて、地力勝負に出ました。オープンに入ってもこれだけやれるのですから、今後も楽しみです」

3着 サトノプリンシパル 川須栄彦騎手
「自分の競馬はできましたが、誤算だったのは3番手に勝ち馬がいたことです。自分もそうですが、勝ち馬にとっても楽な競馬になってしまいました。今日は勝負どころの反応がよかったので、叩いてさらによくなると思います」

4着 グレートチャールズ 戸崎圭太騎手
「上手に走ってくれましたが、結果的に早めに動くのも手だったかなと思います。フットワークのいい馬です」

5着 ツクバコガネオー 吉田豊騎手
「前回は外枠で、いいところをついて行ったのに伸び脚が案外でした。今回は無理に行かずに脚をためようと思っていました。いい脚でしたが、ペースが遅かったですからね。展開次第でまた変わってくるでしょう」