【阪神ジャンプS】(阪神)~メイショウブシドウが人気に応える [News]
2014/09/20(土) 16:01
阪神8Rの阪神ジャンプステークス(障害3歳以上GIII・芝3140m)は、1番人気メイショウブシドウ(高田潤騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分28秒5。1馬身1/4差の2着に6番人気ドリームセーリングが、2馬身半差の3着に2番人気オースミムーンがそれぞれ入線。

メイショウブシドウは栗東・角居勝彦厩舎の5歳牡馬で、父ディープインパクト、母スイートストームクリーク(母の父Storm Creek)。通算成績は28戦8勝となった。

レース後のコメント
1着 メイショウブシドウ 高田潤騎手
「このレースを目標に仕上がりは万全でした。暮れの中山大障害で勝つことを目標にしていますから、今日は負けられないレースでしたし、自信を持って臨みました。使うごとに強くなって、もう注文をつけることはありません。どんなレースにも対応できるようになっています」

2着 ドリームセーリング 石神深一騎手
「シゲルキョクチョウが控えてくれたので、レースがしやすかったです。飛越も上手でした。2周目に入っても手応えがよく、4コーナーでは勝ったかと思いました。今日は相手が悪かったですね」

3着 オースミムーン 中村将之騎手
「馬場に出て走らせた感じから、状態のよさがわかりました。ただ、思ったよりペースが遅くなってしまいました。もう一列前の位置がとれていたら、結果は違ったと思います」

4着 レッドキングダム 西谷誠騎手
「ペースが遅く、前の馬に残られそうでしたが、相手はメイショウブシドウ一頭のつもりでレースを進めて、自分から早めに動いていきました。今日のところは経験の差が出ましたが、この馬も力をつけています」

6着 アラタマユニバース 北沢伸也騎手
「位置取りやコース取りは思い通りにうまく行きました。ところで向正面で手応えが怪しくなってしまいました。前回の疲れが残っていたのかもしれません。手応えの割にはよくがんばっています」