【セントライト記念】栗東レポート~ワールドインパクト [News]
2014/09/17(水) 16:58
 21日(日)に新潟競馬場で行われる菊花賞トライアル=第68回セントライト記念(GII・芝2200m)に出走するワールドインパクト(牡3、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●ワールドインパクトについて友道康夫調教師
「結果的に、春はダービーを目指してこの馬にはちょっと無理なローテーションになって、何とかダービーに間に合ったという形でした。当日は暑さと大外枠が堪えましたね。レース後も暑さに参っていたようで、レース後2~3日競馬場に残って熱中症の治療に専念しましたが、競馬と暑さのダメージがあったようでした。

 夏場は北海道へ放牧に出して、春のダメージもなくなりました。馬体重は若干プラスになった程度ですが、体が引き締まって、大人の体になってきたという感じです。お盆過ぎに栗東へ帰ってきて順調に追い切りをやってきましたし、先週はポリトラックで強めに追いました。今週は追い切りで横山典弘騎手に反応を確かめてもらいましたが、先週の動き、今週の反応も良かったですし、秋初戦としてはいい仕上がりに持ってこられたと思います。

 ダービーで悔しい思いをしましたが、ダービーの結果がこの馬の力ではないと思っています。もう一度一線級と当たるわけですし、良い勝負をして欲しいですね。どこからでも競馬ができる馬ですが、あまり前へ行くよりはじっくり構えたほうが良いかな、という話はジョッキーと調教後にしました。

 何とか最後の一冠を獲らせてあげたい馬ですし、菊花賞に良い形で臨めるような競馬をして欲しいです」

(取材:大関隼)